FMPMD2000のページ

last updated 2014/07/23


FMPMD2000 / FMPMDE2000 とは?

PC-98x1シリーズの音源ドライバ「FMP」と「PMD98」用の曲データを Windows 上で演奏するためのソフトです(FMPMD2000 は日本語版、FMPMDE2000 は英語版)。

曲を聞くためには、WinFMP 本体(WinFMP.dll) と PMDWin 本体(PMDWin.dll)とプレイヤが必要です(もちろん曲データも。)

現在の最新バージョンは、WinFMP.dll は ver0.18, PMDWin.dll は ver0.36, FMPMD2000 / FMPMDE2000 は ver0.31 です。


なお、WinFMP.dll / PMDWin.dll では OPNA のエミュレートに cisc さんのFM音源エンジンを使用させていただいています。

FM Sound Generator with OPN/OPM interface
Copyright (C) by cisc 1998, 2003.


WatchFileUpdate とは?

ファイルのタイムスタンプの更新時に特定の実行ファイルに更新ファイルを引き渡して実行するプログラムです。

といってもピンと来ないかもしれませんが、例えば図のように設定しすると、自動的に以下の処理を行います。

  1. エディタで test.mml を保存すると「c:\bin\mc.exe /v c:\data\test.mml」を実行。
  2. コンパイラが test.m を生成すると 「c:\bin\fmpmd.exe c:\data\test.m」を実行。

Windows 環境での曲データの作成に重宝すると思います。




変更点

WinFMP.dll(Ver0.18)

WinFMP.dll(Ver0.17)

PMDWin.dll(Ver0.36)

PMDWin.dll(Ver0.35)

FMPMD2000(Ver0.31)

FMPMD2000(Ver0.30)

FMPMDE2000(Ver0.31)

FMPMDE2000(Ver0.30)

FMPMD_SDK004

FMPMD_SDK003a

FMPMD_SDK003


各プログラムの関係


なぜ FMP が WinFMP.dll なのに PMD98 が PMDWin.dll なのかというと、最初に PMD98 の Windows 版を作ったときに PMD98, PMD88, PMDTOWNS, ・・・等と整合性を取るために PMDWin にしたのですが、FMPWin はあまりにもゴロが悪かったので WinFMP にしたためです。


音源の種別

FMP, PMD98 でサポートされている音源について簡単に記します。

音源チップについて

FMP について

PMD98 の種類について

補助プログラムについて

曲データ、サンプリングデータの拡張子について

.OPI FMP用の曲データ(OPN)です。
.OVI FMP用の曲データ(OPNA)です。
.OZI FMP用の曲データ(PPZ8 使用、OPN または OPNA)です。
.M PMD(OPN)用の拡張子ですが、PMDB2, PMD86, PMDPPZの曲データでもこの拡張子のものもあるようです。
.M2 PMDB2 または PMD86 用の曲データです。
.MZ PMDPPZ 用の曲データです。
.PVI 元々は FMP のサンプリングデータ(ADPCM)だったんですが、PPZ8 パート(FMP, PMDPPZ)や PMDB2 のサンプリングデータとしても使えます。
.PZI PPZ8 用のサンプリングデータ(PCM)です。PMDPPZ で使用できます。
.PPS PDR, PPSDRV 用のサンプリングデータ(PCM)です。
.PPC PMDB2 用のサンプリングデータ(ADPCM)です。
.P86 PMD86 用のサンプリングデータ(PCM)です。

FMPMD2000 では、FMP と PMD98 のすべての曲データ(PMDB2, PPSDRV, P86DRV, PPZ8)に対応しています。



データ作成について

FMP または PMD98 の曲データは、MML(Music Macro Language)と呼ばれる音楽記述用の言語をコンパイラでコンパイルすることによって作成します。ただし FMP と PMD98 で言語仕様は異なります。オリジナルの FMP または PMD98 に同梱されているマニュアルを参照してください。

現在のところ Windows 用の GUI ベースの作成ソフトはありませんので、以下の方法で作成することになります。


  1. PC-98x1 シリーズで作成する。
  2. 最も確実な方法ですが、当然実機と音源を持っている必要があります。


  3. エミュレーター上で作成する。
  4. Anex86, Virtual98, T98, Neko Project II 等のエミュレーターが使用可能です。ただし、PPZ8 のエミュレートは 音飛びしやすいです。


  5. mc.exe または fmc.exe(対応版) を Windows の DOS プロンプトで直接実行する。
  6. AT 互換機で fmc.exe を使用する場合は PC-98x1 機種依存部分を除いたバージョン(3.16z)のみ使用可能です。3.16z 以前のバージョンを使用すると最悪 OS が落ちます。

    AT 互換機では mc.exe の /P, /S オプションは決して使わないで下さい。また、評価版コンパイラ mch.exe は Window 上では決して実行しないで下さい。最悪 OS が落ちます。

    PC-98x1 シリーズ(音源あり)なら DOS プロンプトで開発することも可能ですが、PPZ8 を使う場合は Windows で 同じPCMデバイスを使わないように設定してください。

    FMP のコンパイラ fmc.exe の PC-98x1 機種依存部分を除いたバージョン(3.16z)が公開されました。ぐぅさんお疲れさまです(2001/09/16)

    PMD98 のコンパイラ mc.exe がフリーソフトになりました。KAJA さんありがとうございます(2000/06/17)

    WatchFileUpdate(拙作)を用いることにより、MML ファイル保存と連動してコンパイル、演奏を自動的に行うことができるようになりました(2001/02/17)


WinFMPのソースファイルについて

公開の要望が何件かありましたが、いろいろ考えた末、公開をしないこととしました。

この件について私およびオリジナルの FMP の作者であるぐぅ氏への問い合わせはご遠慮ください。


戻る